2006-09-01

本ブログへの入会方法について

本ブログは、世界経済・財政危機・国際金融など市場の問題に関心を持つ有志が発信の場を共有し、協働により良質なコンテンツづくりを目指す無料の会員制ブログです。現会員数は約50名です。
本ブログの会員になると、authorの一人としてご自分の記事がエントリーできます。
※会員と非会員の違いは今のところそれだけです。今後、さらなるサービスの充実を目指します。
どなたでも会員になることができますが、本ブログの管理権限を一部開放することになりますので、入会は承認制を採らせて頂いています。ご了承ください。

(本ブログへの入会方法)
入会希望の方は、こちらの会員規約をお読みの上、タイトルバーにリンクされているメールフォームより、下記項目を明記したメールを管理人宛てにお送りください。内容の確認→入会の承認→エントリー可能な環境設定の後、管理人よりご連絡差し上げます。

1.氏名
(本名)
2.年齢
3.住所
(任意)
4.職種
(営業、企画、教師、医師、経営者、農業、学生、主婦など)
5.ブログ・ホームページの有無(お持ちの場合はそのURL)
6.ご希望の【ログイン名】および【パスワード】

 ※ブログ管理画面のログイン用。共に半角英数8文字以内でお願いします。
 ※ログイン名は記事を書いた際「posted by XXXX」という形で右下に表示されます。

7.本ブログに参加しようと思われた理由など
8.メルマガ・るい(無料)の購読 Yes/No

 ※メルマガ・るいのみのご購読も可能です。
  こちらの記事で会員のmihoriさん(20代♀)が紹介くださってます。

経済ブログを書きたいが忙しくてなかなか更新できないという方、多くの人の力で新しいネットメディアを育ててみたいとお考えの方、ぜひ本ブログをご活用ください

『金貸しは、国家を相手に金を貸す』管理人 田中素(43♂・大阪市・企画)

List    投稿者 s.tanaka | 2006-09-01 | Posted in 未分類 | 3 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanekashi.com/blog/2006/09/239.html/trackback


コメント3件

 yamasho | 2007.07.20 16:05

「とにかく自立すべし」というのはお題目。
まるで、「行政版個人主義」のように見えます。
その地域の活力が高まり、国全体の活力が高まることこそが今必要とされていること。
その答えが、「とにかく自立すること」…???

 hermes | 2014.02.01 16:17

wholesale hermes bag china 金貸しは、国家を相手に金を貸す | 地方分権改革の行方は?その2

 wholesale bags | 2014.02.10 10:05

金貸しは、国家を相手に金を貸す | 地方分権改革の行方は?その2

Comment



Comment


*